むらさきブログ

会社は「リアル」と「ネット」の世界に存在する。

雑居ビルの一室で一人パソコンに向かっている人がいる。その部屋には一日中、訪問するものは誰一人いません。でも、その人が経営するネットショップには、ひっきりなしに注文や問い合わせのメールが入り、一日中、その対応に追われている。

今は、目に見えないネットの世界が賑わう時代です。今注目のメタバースの世界だってそうですよね。あの仮想空間に多くの人が集まっています。ネットショップやメタバースに出店していなくても、昨今のネット社会では、ビジネスの世界は、「リアル」と「ネット」の世界に存在しています。

あなたの会社だってそうです。リアルな世界にある、あなたの会社の玄関前には一日の人通りが少ないかも知れません。でも実は、ネットの世界ではあなたの会社の前には多くの人が行きかっているかも知れません。その人たちが、外からあなたのネットの世界の会社を覗き込んでいるのか、それとも、訪問しているのか、訪問して何かモノを注文しているのか、何らかの行動をとっているはずです。

ネットの世界の会社とは、もうおわかりですよね。今お持ちのあなたの会社のホームページのことです。リアルな世界では、たまに、本社が東京本社と大阪本社の2つある会社を見かけます。小さな会社では“この事務所が本社だ、他に営業所はない”と言われますが、いえいえ、もうひとつ本社があるんですよ。それが、ネットの世界にある本社です。

今のネット社会では、リアルな世界よりネットの世界の方が人通りが多いかも知れません。しかも、24時間人通りが絶えることがありません。販売する商品によっては、リアル本社は閉まっていても、夜のネット本社を多くの人が訪問していることだってあり得ます。もうそんな時代です。

さて、あなたのネット本社は、お客さんに覗き込まれても、訪問されても、リアル本社に恥じない状態になっているでしょうか。しばらく放ったらかしにしていた方、ちょっと気になった方は、今からでも遅くはありません。ネット本社の見直しをしてください。あなたの知らないところで、ネット本社は多くの人に見られていますよ。

Murasaki.


関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。